日本語







ワイン農家<ルドルフ・カイザー>はブルゲンランド州、州都アイゼンシュタット近郊のクラインヘーフラインに居を構えている。27ヘクタールに及ぶぶどう畑ではブラウフランキッシュ、ツバイゲルト、ピノ・ノアールと約80%は赤ワイン用である。ワイン醸造に関しては長い伝統と製法を基に今日に至る。

気候/土壌
ぶどう畑があるノイジードラー丘陵地帯は、<パノニッシュ気候>といわれる温暖な気候、更に<ライタ山岳地帯>に囲まれ北風から保護された地域である。変化に富んだ土壌は様々なぶどうの植種に適している。
白ぶどう種は、貝殻石灰岩層(ライタ石灰)に続くやや砂がかった粘板岩の土壌で育まれ、日中暖められた土壌が夜間に冷却され、熱作用が長く続きブドウの成熟が促される。
これに反し赤ぶどう種は腐植土質の粘土状の土壌で育ち、その作業は容易くはないが、肥沃で保水力に富むという利点がある。

ぶどうの種類
白ワインにも赤ワインにも適した土壌、気候である。
カイザー・ワイナリーには40年以上続く赤ワイン醸造の伝統があり、現在生産高の80%が赤ワイン、20%が白ワインとなっている。
白ワイン種は<ウエルス・リースリング><シャドネー><ピノ・グリース><サバニョン・ブランク>
赤ワイン種は<ブラウフランキッシュ><ツバイゲルト><ピノ・ノアール><シラー><メルロー><カベルネ・スベーニョン>

ワイン哲学
『大切なのは、ワインの中に作り手の質と愛を反映させる事』
そのために、まずぶどうについて熟知する事。
自然の循環に即した健康で丈夫なぶどうが育つように畑を手入れする事。
ノー・ハウの基本はこれにつきる。 
『ぶどうの木と生きる中で<何が>大切か教わる』
健康で自然奈土壌に育ったぶどう畑にだけ良質のブドウが実る。

このような理由からカイザー・ワイナリーでは有機農法に添ったぶどう、ワイン作りに励んでいる。




1930年に、日本人司祭と修道士育成のためドイツ人モール神父により設立された多治見神言修道院では、1933年以来ミサ用にワインを造り続けてきました。

特に、戦時中は海外からの輸入品が少なく、ここから全国の修道院にワインが送られ、更に国賓をもてなす晩餐会用ワインとして、宮内庁や外国公館にも治められていました。

シュテファン・カイザーさんは1938年修道士としてこの多治見の修道院に派遣され、1952年にオーストリアに帰国するまで、14年にわたりワイン醸造に携わりました。

日本からぶどうの苗木を持ち帰ったシュテファンさんは、故郷、アイゼンシュタット郊外の小さな村で生涯ワイン造りに励みました。









                                白ワイン


















Welschriesling (ウエルシュ・リースリング)2014年  

         辛口、酸味とハーブの利いた新鮮なリンゴの香り、

         フレッシュな酸味は<夏用のワイン>に最適

         10~12℃

相性の良い料理>  さかな、あっさりソースの鶏肉、さっぱりした豚肉料理、お寿司



Grüner Veltliner   (グリューナー・ベルトリーナー)2014年

         白胡椒、洋梨、野草のアロマ

         エレガントなハーブ入り洋梨の香りがスッキリした酸味の利いたさわやかさ         

         を演出

相性の良い料理>  さかな、鶏肉(ホワイトソース添え)あっさりした豚肉料理、お寿司



Pinot gris            (ピノ・グリス)2013年

         辛口、熟した洋梨の香りに青っぽいクルミを噛んだようなほろ苦い酸味

相性の良い料理>   焼き魚、煮魚、中華、アジア料理、ターキー、豚肉料理



Sauvignion blanc   (ソーベニョン・ブランク)2013年

         辛口、熟した西洋すぐりと黄色ピーマンを思わせるフルーティーな香り

         10~12℃

相性の良い料理>  さっぱりソースがけ魚/鳥肉料理、あっさりした豚肉料理、

          魚介料理、スープ




Chadonnay Leithaberg DAC  (シャドネー・ライタベルグ DAC)2012

     DAC; 2002年からオーストリア農林環境省が法的に定めた7つのワイン生産地

          ライタ地方独特のミネラル分の多いカリウムを含んだアロマと木の香り

          フルーティでエレガント

          10~12℃

相性の良い料理>  ブタ/鶏肉料理全般、濃くのあるソース料理、野生の動物料理

デザートワイン

Weißburgunder Spätlese ( バイスブルグンダー シュペートレーゼ) 2013年
      リンゴとほのかなくるみフレーバー入りのエレガントなデザートワイン、
      クルミ入りハチミツのような口当たり、フルーティでさわやかな酸味
      12℃
レシピ>  和菓子、プリン・アラモード、フルーツ・パフェ、アップル・パイ、
      トプフェン・クヌーデル
    



              赤ワイン


















Zweigelt (ツバイゲルト)  2013年
            辛口、野いちごとほのかなバラの香り
            甘みの随を堪能できるまろやかさ
            15~16℃
相性の良い料理>   こってりソースの鶏肉料理、豚肉料理

Blaufränkisch(ブラウ・フランキッシュ) 2011年
            辛口、フリーティーな野生のサクランボの中にほのかなチョコレート
            芳醇な香りとアフターテイスティング
相性の良い料理>   濃厚ソースの鶏肉料理、豚肉料理

ZWEISY( ツバイシー) 2011年
名前の由来>      『ツバイシー』は、まろやかなツバイゲルト種と
            スパイシーなシラー種のキュウ”ェ(ブレンド)酒
            辛口、上品で熟したフルーツカクテルにシナモンと淡い木の香り
            ヌガー、シナモン・チョウジの香り、胃にやさしいワイン
            17℃
相性の良い料理>   グリルされた肉、バーベキュー、ゆで牛、ブタロース肉

Blaufränkisch- Perfektion(ブラウ・フランキッシュ/パーフェクション) 2013年
名前の由来>      厳選された、質の高いブラウ・フランキッシュ種のみ使用した最高級酒
            辛口、かすかに木の香りを含んだサクランボとスモモの香り
            まろやかでのどごしが良い、力強い味わいと調和のとれた酸味
            17℃
相性の良い料理>   グリルされた肉、バーベキュー、ゆで牛、ブタロース肉

Pinot Noir( ピノ・ノアール) 2011年 
            辛口、ブルグンダー種をらしいさわやかな香りと味、木いちご、乾いたシガレット
            の芳香、まろやかで今が飲み頃のワイン
            17℃
相性の良い料理>   グリルされた肉、パスタ、ソースがけ肉料理、鶏肉料理
 
Blaufränkisch Leithaberg DAC(ブラウ・フランキッシュ/ライタベルク DAC)2012年
            辛口、熟れたフルーツの香り、ブラウ・フランキッシュらしさを彩るサクランボと
            チョコレートの香りに乾いたシガレットが調和して口に広がる
            程よい苦みの中に甘さの粋が広がる
            17℃
相性の良い料理>   グリル肉、バーベキュー、ゆで牛、ブタロース、臓物料理、濃厚なソース料理

Cabernet Sauvignon Kastanienfass (カベルネ・ソビニョン/栗樽醸造)  2012年
            辛口、程よく配合されたサクランボと木いちごのコンポートの香り
            かすかにチョコレートを含んだサクランボの香りが口に広がる
            さわやかな酸味
            17℃
相性の良い料理>   グリル肉、バーベキュー、ゆで牛、ブタロース、臓物料理、濃厚ソース料理


Tenno( テンノウ)  2011年

名前の由来>      日本の皇帝、君主・大公
            さわやかなサクランボとカシスの香り、
            口に含むとサクランボにほんのりチョコレートフレーバーが感じられる
            微妙な酸味が印象的
            18℃
相性の良い料理>   グリル肉、バーベキュー、ゆで牛、ブタロース、臓物料理、濃厚ソースがけ野生肉料理